犬が吠えて勉強に集中できない場合はどうすればいい?

犬が吠えて勉強に集中できない シチュエーション別の対処法!

犬が吠えて勉強に集中できない時もあると思います。

限られた時間で勉強や宿題をやりたいのに、犬がうるさくて全然集中できないと悩む方もいらっしゃるでしょう。

確かにずっと吠え続けたらうるさいですし、勉強なんて無理ですよね。

そこで今回は・・・

犬が吠えで勉強に集中できない場合の対策

こちらに注目してみました。無駄吠えがうるさいと悩む学生さんは、ぜひ参考にしてみてください。

犬が吠えて集中できない場合の根本的な対策

犬が吠えてうるさい場合はどうすればいいか?根本的な対策には次の方法があります。

  • 耳栓をする
  • 勉強する場所を変える
  • 犬をしつける

これらです。

耳栓をする

一番手っ取り早い方法は耳栓です。耳栓することで音が遮断されます。ただ、完全に吠えている音はなくなるわけではありません。それでもかなり音は小さくなるので、先ず最初に試してみましょう。

耳栓で注意することは勉強に集中する時だけにすることです。長時間、ずっと耳栓を付けていると、緊急地震速報などの警告音などを聞き逃してしまう可能性があるので注意してください。

勉強する場所を変える

犬が吠えている時は、勉強する場所を変えるのも1つの対策です。なるべく犬の吠えが気にならない部屋に移動するか?あるいは図書館などにお足を運んで勉強しましょう。図書館であれば静なので勉強する場所としては最適です。

問題は、夜遅い時間だと図書館が閉まってしまうということ!なので、開館中に集中して勉強するしかありません。

犬をしつける

もし自宅で飼っているワンコが吠える場合は、犬をしつける方法も対策の1つです。犬と暮らす期間は長くなるので、必ずしつけをして無駄吠え対策をしましょう。

その他の対策について

他にもまだまだ対策はあります。

例えば・・・

  • 犬が吠えだしたら一旦休憩する
  • リラクシングミュージックをかける
  • 軽めの運動や散歩をする
  • あえてうるさい音楽をかけてストレスを発散させる

このようなことを試すのもいいと思います。犬が吠えだしたら、一旦休憩してコーヒーでも飲むのもいいでしょう。

リラクシングミュージックや自然の音などをかけたり、軽めの運動や気分転換に散歩するのもいいですね。また、あえてうるさいヘビメタなどの音楽をかけてストレスを発散させるのもいいかもしれません。

犬が吠えで勉強に集中できない場合の対策には色々あるので、できるところから始めてください。一番の対策としては、耳栓をして勉強することを強くオススメします。

 犬のしつけでやってはいけないことは?

タイトルとURLをコピーしました