犬が寝言で吠える理由や対処法について!

犬が寝言で吠える理由 シチュエーション別の対処法!

犬が寝言で吠える理由には、一体何があるのか?もしかしたら、何か変な病気にかかっていないか?あるいは、イヤな夢でも見ているのかと心配になったりしますよね。

でも、犬は、寝言で吠えることは普通にあるので安心してください。でも、なぜ寝ているときに吠えるのか気になるところ!

そこで、今回は・・・

犬が寝言で吠える理由

こちらのテーマについてお伝えしていきます。寝言で吠える理由や原因が分かれば安心できますので、同じような悩みを持つ人は、ぜひ参考にしてみてください!

犬が寝言で吠える理由は熟睡できていないから

はじめに、犬が寝言で吠えるにはある理由があります。それは熟睡できていないからです。

睡眠には、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」があります。レム睡眠は眠りが浅い状態でノンレム睡眠は眠りが深い状態です。

  • レム睡眠=眠りの浅い状態
  • ノンレム睡眠=ぐっすり寝ている状態

犬も人間と同じでレム睡眠とノンレム睡眠があります。

そして、成犬の場合ですが・・・

睡眠時間は、12~15時間程度

そのうちのノンレム睡眠は、「2割程度」

このように言われています。

仮に12時間睡眠した場合、ぐっすり寝ているノンレム睡眠は、たった2.4時間しかないという計算になります。

つまり、犬は、あまり熟睡できないということ。しかし、なぜノンレム睡眠が少ないのか?

その理由としては・・・

野生の習性が残っているから!

敵が来てもすぐに動けるようにするため!

これらのことが挙げられるからです。

また、眠りの浅いレム睡眠の時には、脳が休まっていません。なので、夢を見ている可能性があるということ!

当然、夢を見れば寝言を言うし、現実と勘違いして吠えることもあるでしょう。これこそが、犬が寝言で吠える理由です。

犬が寝言で吠える時の対処法について

では、寝言で吠えている時はどう対処すればいいのか?これは、難しく考えることはありません。まずは、ゆっくり寝かせてあげてください。

大事なことは・・・

  • 犬が寝ている時に無理に起こさない
  • ストレスが溜まっていなか確認する

この2点です。

犬が寝ている時に無理に起こさないこと

犬が寝ている時に無理に起こして、遊ぶ飼い主さんもいるでしょう。ですが、ワンちゃんは熟睡できる時間は短く、もしかしたら迷惑しているかもしれません。

なので、犬が寝ている時は触らないで、そっとしておくことが大事です。

ストレスが溜まっていなか確認すること

犬も人間と同じでストレスは溜まります。例えば、散歩時間が短くて運動不足だったり、長時間ケージに閉じ込めておく行為。

他にも、犬にストレスを与えないためにも、嫌がることはしないようにしましょう。寝ながら吠えるなら、悪い生活習慣になっていないか確認してください。

 吠えない犬に育てるポイント!

タイトルとURLをコピーしました