犬が怖がって吠える時の対処法!警戒吠えの対策について

犬が怖がって吠える時の対処法

あなたの愛犬も怖がって吠えていますか?

犬が吠えると言う事は何かしら原因があります。

何かに怯えて震えたリ、警戒している場合など、

一度吠えだしたら興奮してなかなか吠えやみませんよね。

なぜこんなに怖がるのか不思議に思うこともあるでしょう。

あまりにも吠えが酷いと近所にも迷惑がかかるので今すぐにでも対策したいところ!

実際のところ、犬のしつけ方次第で吠えは改善させていきます。

そこで今回は・・・

犬が怖がって吠える警戒吠えの対策

こちらについて注目してみました。

なぜそんなに怖がるのか?

その理由や対策が知りたい人はぜひこのページを参考にしてください。




犬が何に怖がって吠えているか?警戒吠えの原因を理解すること!

犬が怖がって吠えるには必ず原因があるものです。

先ずは、何に対して怖がっているのか?

何を警戒しているのか?

飼い主さんは愛犬がどんな時に吠えるのかをよく確認することが大事です。

よくあるパターンとしては・・・

  • 花火や雷などの大きな音
  • 新聞、郵便、運送業者
  • インターホンの音や来客

これらに対して吠えることが多いです。

花火や雷などの大きな音

花火や雷の大きな音に対しては怖がる犬は多いようです。何しろ突然、大きな音がなりますからね。特に雷などは人間でも普通に驚くでしょう。

もちろん、 花火や雷の場合は大きな音が怖くて吠えると言う事なので原因の特定は簡単です。

新聞、郵便、運送業者

知らない人が家に近づいてくる場合も犬は怖がる傾向にあります。朝早い新聞や郵便物を置く音に驚くこともあるでしょう。

運動業者の知らない人が来れば警戒して吠えるのは普通の行為と言えます。ただ、犬が吠えるので業者の人が家に入れない場合もあるのでやはり何かしら対策は必要になります。

インターホンの音や来客

インターフォンの「ピンポーン」と言う音に反応したり、突然の来客が部屋に侵入する時なども犬からすれば恐怖でしかないわけですね。

要するに犬は、ピンポーン=知らない人がくると認識しているということになります。

・・・・

その他にも車やバイクの音など挙げるといろいろあります。

あなたの愛犬はどんな時に吠えるのかを今一度確認しておいてください。

怖がる原因を排除して犬の警戒吠えを対策!

犬が怖がったり、何かに警戒して吠える場合は、その原因を排除することが大事です。

具体的には・・・

  • 室内から外が見えないように工夫する
  • 音に慣れさせる
  • 人とコニュニケーションを取るようにする

これらの事を行っていきます。

室内から外が見えないように工夫する

もし、室内から外が見えるのであれば、ハウスの場所を移動するなどして犬の環境を整えてあげることが大事です。場所の移動がむずかしいようなら黒い布などを使って外が見えないように工夫しましょう。

音に慣れさせる

ある特定の音に対して吠えるならその音に慣れさせるようにするといいです。例えば、インターフォンや花火、雷などはあらかじめスマホやラジカセ等で録音しておき、最初は小さい音で再生してその音に慣れさせます。

一番試しやすいのがインターフォンの音です。本物の花火や雷の音は今すぐ鳴らせるわけではありませんからね。ですので先ずはスマホにインターフォンの音を録音しておき、小さい音を再生して慣れるようにトレーニングしましょう。

人とコニュニケーションを取るようにする

犬は知らない人を見ると怖がるので、人間は怖くないと言う事を覚えさせます。普段から知り合いに頼んでおき、散歩中など頭を撫でるなどして人とコニュニケーションを取るようにしてみてください。また、その際は飼い主のあなたも一緒に大丈夫と言い聞かせることようにしましょう。

・・・・

基本的にはこのような事を行うことで怖がることもなくなったり、警戒吠えも改善されていきます。

その他にも、吠える時はおやつを与える方法や基本の号令、「おすわり」「ふせ」「まて」「おいで」などを使い、犬を落ち着かせることが効果的ですので出来るところからトレーニングしていきましょう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする