犬が早朝から吠える場合の原因と対策について!

犬が早朝から吠える場合の原因と対策

犬が早朝から吠える。

あまりにも早くからワンワンとうるさいからどうにかしたい・・・。

周りにも迷惑をかけているかも・・・。

このような悩みを持たれる飼い主さんもいらっしゃると思います。

朝の5時とか6時ぐらいから吠えだしたら、ちょっと困りますよね。

「もう少し寝かせてくれよ」と思ってしまうでしょう。

そこで、今回は・・・

犬が早朝から吠える原因と対策

について注目してみました。

朝、早く起きたくないという人は、ぜひ参考にしてみてください。

早朝から吠える原因について!

そもそも、なんで朝早くからワンワン吠えるのか?

これには、いくつか理由があります。

具体的には・・・

・トイレに連れってもらいたい

・お腹が空いた

・散歩に連れってもらいたい

・遊んでもらいたい

これらのことが挙げられます。

要するに要求吠えが主な原因となるわけです。

犬が目が冷めたら、トイレにも行きたくなるでしょう。

最初は、クンクンと鳴きすが、そのまま放置すれば、ワンワンと吠えてしまいます。

また、お腹も空けば食事をしたくなる。

おそらく、朝のトイレと散歩がセットになっていると犬は思っていかもしれません。

犬は寂しがりやで朝から遊んでもらいたい、もっと構ってほしい・・・・。

ワンちゃんってこのようなことを考えているわけですね。

ただ、そのまま放置すれば、吠えるだけなので、何かしら対策をしなけばいけません。

※犬によっては健康状態が悪いことが原因もあります。
(認知症やストレス、難聴などで吠えることも。なので冷静な判断も必要)

早朝吠えの対策について!

では、具体的にどのようにして、早朝吠えを止めさせればいいか?

これに関して言えば・・・

寝る時間を遅くする

カーテンなどで光を遮る

これらが大事です。

寝る時間を遅くする

朝早くから犬が起きてしまうということは、夜寝る時間が早いというです。

単純に考えて、寝る時間を遅くすれば、それだけ朝も遅くなります。

なので、生活のリズムを少しずつ変えていきましょう。

そうすれば、早朝吠えをなくすことに繋がっていくはずです。

カーテンなどで光を遮る

犬が寝る時に、ハウスやゲージに遮光カーテンをかぶせて、朝の光を遮ることも1つの対策になります。

明るくなれば、自然と犬は目を覚ますので、あえてカーテンをして朝なのか分からなくするという方法です。

暗い方が落ち着くワンちゃんも多いのでぜひ試してみてください。

・・・・

犬が早朝から吠える場合はこのような方法で対策しましょう!

記事下フリースペース

犬が吠えなくなる秘密の方法!問題行動が解決する!


無駄吠え・噛みつき・トイレ・飛びつきなど
ワンちゃんの問題行動で悩むあなた!
なんと一瞬で良い子になる!!
そんな方法を見つけちゃいました。
仔犬でも成犬でも、大丈夫!!
犬のしつけはもう心配ありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする