犬が吠えなくなったのは病気なのか?老化が原因なの?

犬が吠えなくなったのは病気?

これまで、吠えてうるさい犬だったのに・・・。

なんだか最近、おとなしい・・・。

これって、もしかして病気なのか?

普段、吠える犬が静かだと心配になりますよね。

実際、病気で、吠えなくなる事はあります。

他にも、老犬のため元気がなくなることも考えられます。

そこで、今回は・・・

犬が吠えなくなった場合、どんな病気が関係しているのか?

これについて解説しています。

愛犬が元気がなくなって心配という方は、ぜひ参考にしてみてください。

どんな病気にかかると犬が吠えなくなるのか?

吠えていた犬が急に吠えなくなった場合、どんな病気が考えられるのか?

これは、老犬になればなるほど、いろんな可能性があると思います。

例えば・・・

・悪性腫瘍

・糖尿病

・心臓病

・肝臓病

・脳の病気

・目の病気

・皮膚の病気

など、挙げればきりがありません。

もちろん、犬を見ただけでは、どんな病気か判断することはできません。

また、元気がないのは一時的な場合もあります。

なので、しばらく様子を見てください。

それで明らかにおかしいと感じたら病院に連れていきましょう。

老化が進むと出る症状について!

犬の寿命は、10 – 13年ぐらいと言われています。

もちろん、それ以上、長生きする犬はいますよね。

ですが、老犬になれば、確実に老化が進みます。

吠えなくなったのは、老化という可能性は高いのかもしれません。

もし、愛犬が・・・

・睡眠時間が長くなった

・散歩しても喜ばなくなった

・歩くスピードが遅くなった

・食事の量が減った

・トイレで粗相するようになった

・白髪が目立つようになった

・皮膚の張りがなくなった

これら症状があるなら、それは老化によることが多いです。

なので、これまでと同じような生活をしてはいけません。

なるべく温度や湿度に気を使い、過ごしやすい部屋を用意してあげてください。

運動に関しても無理のない範囲で行うことが大事です。

食事は、タンパク質やカルシムなどの栄養を中心に摂るようにします。

また、病院には定期的に通うようにしましょう。

年と共に明らかに体力が落ちていきます。

なので、ある程度の年齢になったら、犬の老後の事を考える時なのかもしれません。

記事下フリースペース

犬が吠えなくなる秘密の方法!問題行動が解決する!


無駄吠え・噛みつき・トイレ・飛びつきなど
ワンちゃんの問題行動で悩むあなた!
なんと一瞬で良い子になる!!
そんな方法を見つけちゃいました。
仔犬でも成犬でも、大丈夫!!
犬のしつけはもう心配ありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする