犬が懐いてくれない原因と対策について!

犬が懐いてくれない原因と対策

なぜか理由は分からないけど、犬が懐かない。

それどこか吠えたり、噛んだり、問題行動ばかり起こす。

このような悩みを持つ飼い主さんもいらっしゃると思います。

そこで、今回は・・・

犬が懐いてくれない場合の対策

についてお伝えしています。

愛犬と幸せに暮らしたい人は、ぜひ参考にしてみてください。




犬が懐かないのには原因がある?

犬が懐かない場合は、何かしら原因があるものです。

主な原因としては・・・

・主従関係が逆転している

・前の飼い主が虐待していた

・しつけが間違っている

これらが挙げられます。

主従関係が逆転している

犬と一緒に暮らすには、主従関係は重要です。

ワンちゃんが人間より上の存在と思ってしまえば、懐かなくなる可能性はあります。

なので、主従関係を構築していく必要があります。

前の飼い主が虐待していた

もし、前の飼い主さんが虐待していたような場合には、人間は怖い生き物と思ってしまう可能性は高いです。

この場合、人間は怖くないということを覚えさせなければいけないので、それなりに時間がかかると思ってください。

しつけが間違っている

そもそも、飼い主のしつけ方が間違っていると犬は懐かない事もあります。

例えば、問題行動を起こしていても、叱らないでそのまま放置している。あるいは、しつけと言って犬を叩くなど。

これら行為を続けてしまうと懐かなくなる可能性は高くなります。

関連記事
犬が吠える人と吠えない人の違いは?

犬が懐くようになるにはどうすればいい?

では、具体的どうすれば犬が懐いてくれるようになるのか?

これは、一言で言えば・・・

犬に関心を持つこと!

これが大事です。

もし、主従関係が逆転しているのであれば、愛犬から頼られるリーダーになる必要があります。

以前の飼い主が虐待をしていたら、心を開くまで優しく見守ることが大切です。

しつけ方が間違っているなら、何がダメなのかを理解しなければいけません。

例えば、叱る時は大きな声で「ダメ」と注意するのですが、ポイントは、問題行動を起こした時だけ叱るということ。

いつまでも、叱ってしまうと犬はなぜ怒られているのか理解できませんし、この人は、私のことが嫌いなんだと判断して、懐かなくなってしまいます。

つまり、犬と良い関係を築き上げたいのであれば、もっと愛犬に関心を持つことが重要ということなんですね。

ワンちゃんに愛情を注げば、自然に懐くようになっていくはずですので、諦めずにしつけを続けてください。

関連記事
吠えない犬に育てるには?

広告

しほ先生のイヌバーシティー



犬の問題行動でお悩みのあなたへ!

人気ドックトレーナー、しほ先生をご存じありませんか?

しほ先生は・・・

トリプルクラウンアカデミー卒業

犬訓練・行動学の資格を取得

映画「キル・ビル」では愛犬のバスコが出演

帰国後ワンコ・ワークスを設立

2万頭のワンコを指導している実力派

つまり、犬のしつけに関してはプロ中のプロということ!

そんな、しほ先生がしつけの動画を公開しています。

もちろん、しつけは簡単!

ワンコに痛みを与えない!

やればやるほど愛犬との絆が深まる!

もう、ダメ犬とは言わせませんよ。

愛犬と幸せに暮らしたい人は、必ず次のページを確認しましょう。

⇒イヌバーシティーはコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする