ペット禁止のアパートで犬を飼ったらどうなる?

犬をアパートで飼う

アパートやマンションに住んでいるけど、犬を飼いたいと言う人もいるでしょう。

ただ、賃貸借契約に、ペット可だったかどうか?

全く覚えていない人もいるかもしれませんね。

そんな場合は、ペットが飼えるか大家さんや管理人に必ず確認してください。

そこで、大丈夫なら安心して犬を飼うことができます。

もし、ペット禁止NGなら、絶対に犬は飼ってはいけません。

バレると問題が発生するので、後でトラブルにならないためにルールを守ることが大事です。

また、ペットを飼えたとしても気になるのが無駄吠えになります。

犬が吠えてうるさいと騒音トラブルの問題に発展することもあるので気をつけなければいけません。

そこで、今回はアパートの住民や大家さんとトラブルにならないためにはどうすればいいか解説しています。

マンションやアパート暮らしで、これから犬を購入しようと迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。




ペットNGのところで内緒で飼うとどうなる?

ペット不可のところで犬を内緒で飼うとどうなるのか?

「内緒で育てればバレないから大丈夫」

こんなことは絶対に思わないでくださいね。

なぜなら、他の入居者から管理人に連絡が入る場合もあるからです。

もし、内緒に犬を飼ってバレてしまったらどうなるのか?

この場合は・・・

  • 犬を手放す羽目になる
  • 強制退去させられる可能性もある
  • 罰金の支払いを請求される可能性もある

これらのことが予想されます。

ペットを手放す羽目になる

ペットNGのアパートに残りたいなら犬を手放さなければいけません。

そのためには決められた期日までに里親を探すか?

あるいは、保健所に引き取ってもらう必要があります。

強制退去させられる可能性もある

犬を飼っているとバレた時点で強制退去となる場合もあります。

もし、強制退去の通知がきたら指定された期日までに退去しなければなりません。

また、犬による引っかけ傷を直したり、ニオイを消すために修繕費用も必要になるので痛い出費を払うことになります。

罰金の支払いを請求される可能性もある

契約書にペット飼育による罰金等の条文がある場合には、お金を請求させることも考えられます。それと修繕費用も加わると高額になることが予想されます。

・・・・

こうならないためにも、ペット不可のアパートやマンションでは、絶対に犬を飼ってはいけません。どうしても、飼いたい場合は、ペット可のところに引っ越しようにしましょう。

犬の吠えで近所に迷惑をかけないようにするには?

ペット可のアパートでも犬の吠えに注意すること!

アパートでペットが飼えるのは、まだまだ少ないのが現状です。

その理由の1つには、犬が吠えることで周りに迷惑をかけてしまうから!

防音設備などが整っていないアパートでは犬がワンワンと吠えるとうるさいですからね。

犬を飼っている本人は気にしなくても、アパートの住民には迷惑をかけてしまいます。

なので、ペット可であっても、あまりにもうるさい場合は、大家さんに注意されることもあるので気をつけなければいけません。

特に夜中に吠えられたら他の人はたまったものではありませんからね。

ですので、吠えないようにしつることがポイントです。

ただ、自分では、しつけ方がわからない場合や飼い主の言う事を聞かない犬もいるでしょう。

そんな時は、犬のしつけ教室に通うといいです。

もちろん、通っただけではダメですけどね。

犬と一緒に飼い主も参加できる教室であれば、ドックトレナーがやっていることを家に帰ってからも実践することができます。

ペット可のアパートで犬を飼う場合は、トラブルを避けるためにも吠えない犬に育てるようにしましょう。

犬が吠えるならコマンドを覚えさせよう!

吠えしない犬ならアパートで飼っても安心

ペット可のアパートで犬を飼う場合、最初から吠えそうもない犬を選ぶといいです。

種犬によってはあまり吠えない犬もいますからね。

例えば・・・

・ブルドッグ
・フレンチブルドッグ
・シーズー
・パグ
・ミニチュアシュナウザー
・スキッパーキ

これらの犬は比較的、無駄吠えしません。

「バセンジー」に関しては、ほぼ無駄吠えをしないといいます。

なので、このような種犬を選ぶのも1つの解決策かもしれませんね。

いずれにせよ、アパートで犬を飼いたい場合は、関らずペット可なのかを確認してください。

例え、ペット可であっても無駄吠えは他の人に迷惑がかかるので、吠えないようにしつけたリ、あるいは防音ハウスなどを検討して対策するようにしましょう。

犬のしつけ教材【イヌバーシティ】の評判がすごい!

吠えない犬に育てるポイント!

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする