犬のしつけでやってはいけないこと!ダメな叱り方や行動は?

やってはいけない犬のしつけ方 犬のしつけ

犬のしつけでやってはいけないことって何があるのか?

なかなか言う事を聞いてくれないと悩んでいる飼い主さんもいるでしょう。

愛犬と幸せに暮らすためにも、しつけを考えなければいけませんよね。

正しい方法でしつけているつもりでも、それが間違っていたなんてこともあると思います。

そこで、ここでは・・・

犬のしつけでやってはいけないこと!

について解説します。

無駄吠えやトイレができないなど、問題行動が多くて悩んでいる飼い主さんは、ぜひ参考にしてみてください。

 

犬を飼う心構え!必ず知っておきたい項目とは?

 

犬のしつけでやってはいけない叱り方とは?

やってはいけな叱り方

犬のしつけにおいて、叱る行為は非常に大切です。

ただ、間違った方法で叱ってしまうと逆効果になることが多いんですね。

やってはいけない叱り方としては・・・

  • 大声で叱る
  • 暴力でしつける
  • 必要以上に叱る

これらがあります。

大声で叱る

犬が悪いことをして、たとえ大声で叱ったとしても、なぜ怒られているのか理解できません。逆に大声を出すことで犬は飼い主が喜んでいると判断することもあります。

なので、大声で叱ったとしても無意味ですし、しつけにはなっていないので、これまで大声で叱っていたなら止めましょう。

暴力でしつける

犬を叩いたり暴力でしつけるのも、大声で叱ると同様に意味がありません。犬は、飼い主に喜ばれたいだけなのに、突然、叩かれたら不信感を抱くだけです。

なぜ、怒られているのか?なぜ叩かれているのか理解できないので、暴力では犬をコントロールすることはできないと覚えておきましょう。

必要以上に叱る

犬が悪い行動を起こした時に叱るのは当然ですが、いつまでも必要以上に叱ってはいけません。なぜなら、なんで叱られているのか理解できないからです。

「どの部分がいけないの?」、「なんで飼い主は怒っているの」と犬は不思議に思うだけですからね。

・・・・・

では、犬を叱るにはいったいどうすればいいのか?

これは、ピンポイントで叱ることが大切です。

悪い事をした時に「ダメ」と一言強く叱ります。

あるいは、無視することです。

例えば、遊んでいて犬が悪い行動に出たら、これで遊びはおしまいとします。

飼い主の前で吠えたら、目を合わせないでしばらくは無視をします。

つまり、なぜ起こられているのか犬に理解させることが重要なんですね。

 

犬のしつけ教室に預けると無駄吠えはなくなる?

 

犬のしつけでやってはいけない飼い主の行為や行動とは?

飼い主のやってはいけない行為

飼い主のしつけ次第で、良い子に育つのか?

それとも悪い子にそだつのかが決まります。

では、飼い主のやってはいけない行為や行動には、何があるのでしょうか?

具体的には・・・

  • 気分でルールを変える
  • 犬の要求をなんでも受け入れる
  • 犬を抱っこする
  • 人間の食べ物を与える
  • 車の中に犬を残す

これらが挙げられます。

気分でルールを変える

飼い主の気分でルールを変えてはいけません。なぜなら、これをやることで犬は混乱してしまい、しつけることができないからです。

同じことをやって褒められる時もあれば、逆に怒られることもあるとなると、犬は何がいけないのかわからなくなってしまいます。

なので、一度決めたルールは、基本的に変えないで続けていくことが重要です。

犬の要求をなんでも受け入れる

犬と遊ぶことは良いのですが、要求をなんでも受け入れると、犬は、人間より上と判断するので、しつけが難しくなります。

なので、しつけるなら、犬が悪い行動に走った時は、その時に叱りったり、無視をしたりすることも大事です。

甘やかしてしまうと我がままに育つので注意しましょう。

犬を抱っこする

自宅にいる時や散歩中などで犬を抱っこする飼い主さんもいますが、これをやってしまうと主従関係が崩れてしまいます。

つい可愛いからといって抱っこしてしまいがちですが、しつけのためにはNGなので覚えておきましょう。

人間の食べ物を与える

犬に人間の食べ物を与えてしまうと、犬が体調を崩すことがあるので、気を付けなければいけません。

例えば、玉ねぎ、ニンニク、豚肉、乳製品などを食べさせると中毒になる危険性もあります。

車の中に犬を残す

買い物の時など車の中に犬を置いていく人もいますが、暑い夏場などは特に危険です。

クーラーをつければいいと思いがちですが、犬がスイッチを消すこともありますし、もしかしたらクーラーが故障するかもしれません。

犬の健康を守るためにも車の中に残す行為は絶対に止めましょう。

・・・・

このように飼い主のやってはいけない行為や行動があるので、ワンちゃんと幸せに暮らすためにも見直すようにしましょう。

 

犬が吠えるならコマンドを覚えさせてしつけよう!

 

トイレのしつけでやっていけないこと!

トイレのしつけでやってはいけないこと

犬の問題行動には、無駄吠えもありますが、最初に困るのがトイレの問題ではないでしょうか?

なかなかトイレを覚えることができずにイライラしている飼い主さんもいらっしゃると思います。

そこで、トイレのしつけでやってはいけないことについて考えてみましょう。

具体的には以下のことを意識してください。

  • トイレの場所を変えないこと
  • 失敗したら徹底的に消臭すること
  • 失敗しても叱らない

これらです。

トイレの場所を変えはいけない

トイレのしつけで大事なことは場所を変えてはいけないと言う事です。なぜなら、最初のうちは、トイレの場所をなかなか覚えてくれないから!

犬がソワソワしだしたら、トイレの可能性が高いので、その場所まで誘導していくことが大事です。これを何度も繰り返してやると犬は覚えてくれます。

ところが、一度覚えたものを後から変えると、また、一からやり直しになるので、トイレの場所は変えてはいけないということです。

失敗したら徹底的に消臭すること

犬は一度、排泄したらその場所を覚えている生き物です。なのでトイレでないところでした場合は、また、その場所でする可能性があります。

トイレでないところで排泄したら、臭いを消すためにも徹底的に消臭することが大事です。衛生面を考える上でも、必ず、キレイにしておきましょう。

トイレを失敗しても叱らない

トイレで失敗した時に、「ここでしちゃダメ」と怒鳴って怒る飼い主さんもいると思いますが、これをやると犬は、「トイレ=悪い事」と考えてしまいます。

そうなると、ずっと我慢しなければならず、時にはリビングや寝室とかで漏らしてしまうこともあるわけですね。

そこで、また怒ってしまえば、トイレを覚えることは難しくなるのです。粗相をしたなら叱らないで、すぐにトイレの場所に連れていくようにしましょう。そして、汚れたところはすぐにキレイにすることです。

・・・・・

トイレのしつけって、覚えてくれないと本当にイライラすると思いますが、ここは我慢が肝心です。

ワンちゃんと幸せに暮らすためにも、正しいしつけを身につけてください。

 

警戒吠えをやめさせるにはどんなしつけをするといい?

 




タイトルとURLをコピーしました