アロマの効果とは?吠え対策やしつけに役立つって本当?

アロマの効果 犬のしつけ

犬の吠え対策やしつけ方も色々ですが、アロマも効果的ってご存知でしたか?

アロマと言えば、精油や精油の芳香や植物に由来する芳香を用い、病気の予防、また、病気や外傷の治療にも使われます。

他にも、心身の健康やリラクゼーション、ストレス解消などでもよく使われています。

アロマには様々な効果があり、今では、人間だけでなく、犬にも利用されることが多くなっています。

そこで今回は、犬に使うアロマの効果や使い方などをお伝えしていきます。

ワンコを癒してあげたい方や”しつけ”が上手く出来ていない方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

警戒吠えをやめさせるには!原因~正しいしつけ方法を解説

 

アロマの効果で犬の吠えなど問題行動が軽減!しつけに役立つ!

一般的にアロマの効果は、ストレス解消で使うことが多いです。

犬に使う場合も同じで、ストレス解消になり、その結果、問題行動の軽減に繋がるので、しつけに役立ちます。

犬の問題行動には・・・

無駄吠え、噛みつき行為、挙動不審、失禁等

これらがありますが、アロマ効果でストレスが解消されると、これら問題行動もなくなる可能性があります。

その他の効果として・・・

  • 防虫
  • ニオイ対策
  • 菌の繁殖を抑える

などもあります。

アロマ効果には防虫があり、室内で焚いたり、スプレーすることで、ノミやダニ、蚊などの害虫対策にも繋がるというわけです。

また、犬特有のニオイが苦手と言う方もいますが、アロマを使うことで解決しますし、清潔にするという意味では、菌の繁殖による汚れの抑制することもできます。

このようにアロマは、単に問題行動をなくすだけでなく、様々な効果が期待されています。

ちなみに、オススメなアロマとしては・・・

  • ラベンダー
  • オレンジ・スイート
  • ローズ
  • ジンジャー
  • ベルガモット

など、これらを使うのが良いとされています。

犬の無駄吠えはお酢スプレーが効果的!注意点もある?

犬に使うアロマで注意することは?

犬に使うアロマには、注意することもあります。

何気なく使っている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、種類によって、

神経や肌を刺激したり、体調不良を起こすこともあります。

なので、犬にアロマを使うなら、いくつか気をつけるべきことがあります。

具体的には・・・

  • 原液で使用しない
  • 純度100%のオイルを使う
  • マッサージの後は散歩させない
  • 誤飲させない
  • 幼犬には使わない
  • 犬に使ってはいけないアロマもある

などがあります。

原液で使用しない

アロマは、原液で使用してはいけません。

刺激が強く、良い効果は得られるどころか、害になることもあるので気を付けてください。

純度100%のオイルを使う

アロマオイルは純度100%のものを使うこと!

化学物質や合成物質が含まれているアロマオイルは、犬には悪いので、純度100%のオイルを使うようにしてください。

マッサージの後は散歩させない

マッサージをした直後に散歩をさせてはいけません。

なぜなら、アロマオイルでマッサージした後に日光を浴びると、毒性に変わるものあるからです。

マッサージ後は、室内でゆっくり過ごすようにしましょう。

誤飲させない

アロマオイルの誤飲は危険です。

万が一、誤飲すると、肝臓に悪影響を及ぼすなど、健康を害する場合もあります。

なので、アロマの使用後は、犬の届かいない場所に保管することが大事です。

幼犬には使わない

アロマは、幼犬には使ってはいけません。

理由は、生まれてから数か月では、刺激が強すぎるからです。

生後1年以上経ってから使うことが望ましいです。

犬に使ってはいけないアロマもある

犬にとって、有害になるアロマもあります。

具体的なアロマには・・・

  • アニス
  • オレガノ
  • クローブ
  • カシア
  • タイム
  • セイボリー
  • ウィンターグリーン
  • ウォームシード
  • カラマス
  • カンファーアニス
  • カシア
  • ビターアーモンド
  • サッサフラス
  • サンタリナ
  • ジュニパー
  • バーチ
  • ヒソップ
  • アニスタイム
  • タンジー
  • マグワート

など。

他にもありますが、特にこれらは犬にとって有害です。

犬に使用はしないでください。

まとめ

アロマには、リラクゼーション効果やストレスが緩和などがあります。

上手に使うこで、犬の問題行動の軽減に繋がり、しつけにも役立つでしょう。

正しく使うことでワンコが良い子に育てることも可能です。

ただ、アロマは、刺激が強く、「原液では使わないこと」や「誤飲してはいけない」、「マッサージ直後の散歩は控える」など注意することもあります。

くれぐれも、無理な使用はしないようにしてください。

犬のしつけが思うようにいかない場合や吠えが治まらないなら、アロマを使ってみてはいかがでしょうか!

 

 

吠えない犬に育てるには?

タイトルとURLをコピーしました