犬が吠えるのをやめさせる方法!

犬が吠えるのをやめさせる方法!

犬が吠えてうるさいとお悩みのあなたへ!

無駄吠えをやめさせるには、正しいしつけを行うことが重要です。

間違ったしつけを続けていても、何も解決することはありません。

もし、犬が泣き止まなければ、それがストレスになり、あなたが参ってしまうでしょう。

それに、そのまま放置すれば、近所迷惑にもなりますし、場合によっては、近所トラブルになる可能性もあります。そのような事態は避けたいところ!

そこで、こちらでは、犬が吠えるのをやめさせる方法について詳しく解説していますので、何を試してもダメだったという飼い主さんは、ぜひ参考にしてみてください。

吠える原因ってなにがあるの?

吠える原因ってなにがあるの?

そもそも、なぜ犬って吠えるのでしょうか?

この原因が分からなければ対処しようがありませんよね。

実は、これには、いくつか原因があると言われています。

具体的には・・・

  • 恐怖心や不安感
  • 飼い主にかまってもらいたい
  • 飼い主に何かを要求している
  • 居場所が悪い
  • 犬の健康状態が悪い
  • テリトリー・縄張り争い
  • 食べ物の奪い合い

大まかにはこのように分けることが出来るんですね。

恐怖心や不安感

犬が吠える原因には、恐怖心や不安感があります。例えば、玄関のチャイム、広報の放送、車やバイクの騒音、花火の音など。挙げればきりがありませんが、単純に犬は知らない人や音に反応する生き物なんですね。

人間の大人からすれば、別に何でもない事が犬にとっては恐怖や不安と感じるのですが、しつけ方次第で恐怖心や不安は取り除くことはできます。

飼い主にかまってもらいたい

犬が吠える原因には、飼い主にかまってもらいたいというのがあります。基本的に犬は、ずっと遊び続ける生き物で、遊びが足りない場合には、かまってもらいたくて吠えてアピールします。

ただ、ずっと犬と遊ぶわけにもいかないので、吠えて困っているなら、何かしら対策が必要になります。

飼い主に何かを要求している

犬が散歩に行きたい場合や食事をしたい時など、飼い主に何かを要求している場合も吠えることがあります。散歩に連れて行かなければ、ストレスは溜まりますし、いつまでも吠えてしまう原因になります。食事に関しても、ちゃんと与えなければ、お腹は空くでしょうし、「早く何か食べさせて」とワンワン吠えてしまうというわけなんですね。

寝床が悪い

犬の寝床が悪いと吠えることがあります。寝床は落ち着ける位置にすることが大事です。寝床から通行人が見えたリすると威嚇して吠えるので、それらを遠ざけるように配慮しましょう。

ケージに布を覆ったり、カーテンなどを利用して直接、通行人や車など目に映らないようにする工夫することが大事です。

犬の健康状態が悪い

犬に痛みがある場合や健康状態が悪いと吠えることがあります。痛みがあるのに触って吠えるならそれが原因ですし、体調が悪い場合は、飼い主に知らせるために吠えているということが考えられます。

いずれにせよ、定期的に犬の健康診断を受けるようにして、元気がないような場合には病院に連れていきましょう。

テリトリー・縄張り争い

意外に多いのがテリトリー・縄張り争いです。家の敷地内に郵便や宅配、セールスなど知らない誰かが入ってくると、犬はその場所を守ろうとするので、威嚇して吠える行為にでます。

これは犬の性質的な部分でもあるので、ケージの位置を変えるようにするなど対処することで対処できます。

食べ物が少ない・奪い合い

犬は欲張りな生き物で、食べ物が少ない場合や犬同士の餌の取り合いで吠えることがあります。

欲深い犬は、食べ物だけでなく、他にも、好きなおもちゃを取られそうな時にも吠えたりもしますのでしっかりとしつけを行わないといけません。

・・・・

このような感じで犬が無駄吠えをするには何かしら原因があります。もちろん、吠えているなら近所に迷惑をかけない為にも無駄吠えをやめさせなければいけません。苦情が来ないためにも早急に対策したいところでしょう。

そこで、人気のしつけ術があります。

痛みを与えず、次第に悪い子から良い子になっていく!

原因がわかれば犬の問題行動も一瞬で・・・


犬の吠えをやめさせたい人はコチラ!

今すぐその場で吠えをやめさせる方法!

今すぐその場で吠えやめさせる方法!

どうしても、うちのワンちゃんが吠えてうるさい・・・。

今すぐやめさせたい場合もあるでしょう。

そんな時に使える裏技があります。

具体的には・・・

  • 音で犬の気をそらす方法!
  • 犬の嗅覚を利用する方法!
  • コマンドを使う方法!
  • お尻を向けて臭いを嗅がす
  • 知育玩具を使う
  • 無駄吠え防止グッズを使う方法!

これらがあります。

音で犬の気をそらす方法!

犬の気をそらすには、カスタネットや空き缶などを叩いて大きな音を出すという方法があります。大きな音を立てることで、犬はその音に驚いておとなしくなります。

ただ、何度もこの方法を使うと犬が音に慣れるので、ここぞという時に使うのが効果的!

犬の嗅覚を利用する方法!

犬は嗅覚が敏感なので、吠えている時にあえて嫌がるニオイを嗅がせるのも1つの方法になります。例えば、手軽な物では、お酢など。

スプレー容器にお酢に水を加えたものを用意して、吠えている時にスプレーをすると吠えなくなりますが可哀そうという意見も多いようです。

コマンドを使う方法!

基本的には、犬にコマンドを使い「おすわり」「伏せ」を徹底させるのも良い方法です。「おすわり」や「伏せ」はしつけの基本ですので、犬を飼っているなら、必ず覚えさせましょう。指示に従ったら、頭を撫でて褒めてやることが大切です。

お尻を向けて臭いを嗅がす

犬がうるさい場合、お尻を向けて臭いを嗅がせば、服従のサインとなるので吠えるのをやめます。

愛犬に試すのではなく、ほその犬が吠えている時に使うようにするといいでしょう。

知育玩具を使う

今すぐ吠えをやめさせたいなら、知育玩具を使うのも良い方法です。知育玩具は、おもちゃの中に犬の好きなおやつが隠れていて、簡単には取り出せない仕組みとなっています。

知育玩具を与えれば、犬はそちらに集中するので吠えるのをやめてくれます。

無駄吠え防止グッズを使う方法!

しつけをやっても飼い主の言う事を聞いてくれない場合もあるでしょう。そんな時には、無駄吠え防止グッズを使うのも1つの方法です。

無駄吠え防止グッズのしつけくん」では・・・

こちらは、飼い主の判断で吠えた時に・・・

・音を出して警告するモード

・振動(バイブレーション)モード

・電気モード

リモコンを使い、この3から選んで対処する優れたグッズです。これを数回使ったら無駄吠えがなくなった犬もいます。

詳しくはこちらを確認してください。

⇒無駄吠え防止グッズのしつけくん

【状況別】吠えをやめさせるポイント

今すぐ吠えをやめる方法

愛犬が無駄吠えするなら、近所に迷惑をかけないためにも早く止めさせたいですよね。吠えをやめさすにはいくつかポイントがあります。

その時の状況別に合わせて犬が吠える理由や対策方法を紹介していますので、ぜひ実践してください。

玄関チャイム・インターホンに反応し吠える場合

いきなり玄関チャイムやインターホンの音を聞くと犬は驚いて泣いたり吠えたりしますので、音に慣れさせることが大事です。対策としては、スマホ等でインターホンの音を録音して、最初は、小さい音を聞かせる、それを徐々に大きな音を聞かせるようにします。すると次第に音に慣れて吠えなくなります。

知らない人や犬に吠える場合

知らない人を見たり、知らない犬に出会うと警戒するために吠える行動にでます。見たこともない人や犬となると不安もあるでしょうし、恐怖心から吠えたりもします。

また、散歩している時に知らない犬に出会ったら、テリトリーを守るために吠える場合があります。そんな時は、知らない人や犬を遠ざけ、「待て」「お座り」など命令をして落ち着かせることが大事です。

留守番の時に吠える場合

飼い主が出かけると犬は、いつ帰ってくるのだろうと不安になります。対策としては、外出する時は、黙って出かける事です。

また、あえて5分とか10分、30分などの不定期に外出すると犬はすぐに飼い主が戻ると思うので、吠えなくなります。

飼い主と遊びたい場合は?

犬によっては、遊び足りない場合もあるでしょう。そんな時は、おもちゃを与えてあげるのも1つの対策なんですね。いくつかおもちゃの種類を用意して、必ず1つのおもちゃで遊ばせて、残りのおもちゃは隠しておきます。

そして、何日おきかおもちゃをローテンションさせて遊ばせましょう。そうすることで飽きさせることがなくなります。

何かに怯えている場合は?

犬が何かに怯えて吠える事も考えられます。例えば、宅配業者が突然、家に来たり、救急車の音がしたり、花火などの大きな音がなったり・・・。

この場合は、何に対して怯えているかを把握して、怖くないと言う事を教えることが大事です。原因を突き止めたら、犬が吠えている時に「大丈夫・大丈夫」とやさしく言い聞かせ、吠えやんだら褒美におやつを与えてましょう。

何か要求している場合は?

犬の要求吠えは原因を見極めることが大事です。例えば、散歩したいのか?お腹が減っているのか?あるいは、体調が優れないのか?など、飼い主がしっかり見極め、それに応じて対策を考えなければいけません。

・・・・

基本的には、犬の吠えを止めさせるにはこれらのことが大事。

ですが、なかなか思うようにいかないのも事実なんですね。

ただ、しつけを諦めてしまえば、何も変わることはありません。

犬が吠えなくなる秘密の方法!問題行動が解決する!

まだ、応急処置のしつけを続けますか?
正しいしつけで良い子に育ちます。
しかも、一瞬で吠えなくなるなんて!

20.000頭のワンコに囲まれて誕生したしつけ術!

無駄吠え・噛みつき・トイレ・飛びつきなど・・・

ワンちゃんの問題行動って本当に困りますよね。

ちゃんとしつけているつもりなんだけど・・・

全然、言う事を聞いてくれないなんて・・・

このように悩む飼い主さんは多くいらっしゃいます。

そして、よくありがちなのが・・・

問題行動を起こした時に

コラ」とか「ダメ」と大声で叱る。

確かに一時的には効果がある方法です。

しかし、これは応急処置にすぎません。

何度も同じことを繰り返してしまえば、”負のスパイラル”となります。

飼い主さんも諦めてしまう場合が多いんですね。

犬をしつけで大事なことは・・・

問題行動を起こす原因を突き止めること!

ここが重要なポイントとなります。

その具体的な方法を動画で詳しく解説しています。

次のページでは、

実際に悪い子から良い子に変わった証拠が

動画で紹介されています。

一体、何をやれば問題行動がなくなるのか?

犬の吠えに困っている飼い主さんは、必ず役に立つ情報です。

⇒20.000頭のワンコに囲まれて誕生したしつけ術のページに移動する!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする