犬が吠えるのをやめさせる方法!

もしかして、あなたも・・・

愛犬が吠えてうるさいとお悩みですか?

犬の無駄吠えは、近所迷惑にもなってしまいます。

近隣トラブルを避けるためにも、愛犬をしつけなければいけませんよね。

そこで、ここでは・・・

犬が吠えるのをやめさせる方法

について詳しく解説していきたいと思います。

今すぐにでも無駄吠えをやめさせたいと言う方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

吠える原因ってなにがあるの?

吠える原因ってなにがあるの?

そもそも、なぜ犬って吠えるのでしょうか?

この原因が分からなければ対処しようがありませんよね。

実は、これには、いくつか原因があると言われています。

具体的には・・・

  • 恐怖心や不安感
  • 飼い主にかまってもらいたい
  • 飼い主に何かを要求している

大まかにはこのように分けることが出来るんですね。

恐怖心や不安感

犬が吠える原因には、恐怖心や不安感があります。

例えば・・・

  • 知らない人が家に出入りしている
  • 玄関のチャイム
  • 広報の放送
  • 車やバイクの騒音
  • 花火の音

これって挙げればきりがありませんよね。

単純に犬は知らない人や音に反応する生き物と思ってください。

これは人間の赤ちゃんでも同じようなことが言えますよね。

当然、知らない人が近くに寄ってきたら怖くて泣きますし、音が怖くて反応しちゃいますからね。

つまり、犬は人間の赤ちゃんと同じと思った方がいいわけです。

人間の大人からすれば、別に何でもない事が犬にとっては恐怖や不安になってしまうわけなんですね。

もちろん、しつけ方次第で恐怖心や不安は取り除くことができます。

飼い主にかまってもらいたい

犬が吠える原因には、飼い主にかまってもらいたいというのもあるんです。

基本的に犬は、ずっと遊び続ける生き物と思ってください。

遊びが足りない場合には、かまってもらいたいわけですね。

飼い主が遊んでくれなければ吠えてしまいます。

もちろん、遊びに飽きたり、疲れたりすればおとなしくなりますよ。

ただ、犬に付き合ってずっと遊ぶというわけにもいきませんし、吠えて困っているなら、何かしら対策しなければいけません。

飼い主に何かを要求している

犬が散歩に行きたい場合や食事をしたい時など、飼い主に何かを要求している場合も吠えることがあります。

中には、忙しいからという理由で散歩に連れて行かない飼い主さんもいるでしょう。

ずっと狭いところで過ごしていたらストレスが溜まってしまい、いつまでも吠えてしまう原因になります。

人間も狭い部屋にずっと閉じ込められたままでは、精神的にもおかしくなってしまいますからね。

食事に関しても、ちゃんと与えなければ、お腹は空くでしょうし、「早く何か食べさせて」とワンワン吠えてしまうというわけなんですね。

・・・・

このような感じで犬が無駄吠えをするには何かしら原因があります。

もちろん、吠えているなら近所に迷惑をかけない為にも無駄吠えをやめさせなければいけません。

苦情が来ないためにも早急に対策したいですよね。

吠えをやめさせるポイントは!

吠えをやめさせるポイントは!

では、具体的に無駄吠えをやめさせるにはどうすればいいのでしょう。

先ずは、なぜうちの子は吠えるのか?

その原因を考えるようにしましょう。

  • ただ単に飼い主と遊びたいだけなのか?
  • 何かに怯えているのか?
  • 何か要求しているのか?

犬を飼っている以上は、お互いのためにもより良い生活を目指していなかければいけません。

飼い主と遊びたい場合は?

犬によっては、遊び足りない場合もあるでしょう。

そんな時は、おもちゃを与えてあげるのも1つの対策なんですね。

いくつかおもちゃの種類を用意して、必ず1つのおもちゃで遊ばせて、残りのおもちゃは隠しておきます。

そして、何日おきかおもちゃをローテンションさせて遊ばせましょう。

そうすることで飽きさせることがなくなります。

何かに怯えている場合は?

知らない人がやってきた時や大きな音に驚いて吠える犬はどうすればいいか?

この場合は、怖くないと言う事を教えることが大事なんですね。

知らない人が家にいたり、花火などの大きな音が鳴っている時は、犬をなでながら「大丈夫・大丈夫」とやさしく言い聞かせましょう。

繰り返し行えば、犬は吠えるのをやめるので、その時は、その褒美におやつを与えてくださいね。

そして、一番やってはいけないのは、犬が吠えている時に大声で怒ることです。これをやってしまうとさらに無駄吠えするので注意してください。

飼い主が怒ってしまえば、逆効果になると覚えておきましょう。

何か要求している場合は?

犬も生き物なので、自分の心が満たされない時は、吠えるという行動にでるんですね。

  • 散歩したいのか?
  • お腹が減っているのか?
  • それともトイレの合図か?

犬が吠えると言う事は何かしら原因があると思ってください。

散歩に出かけたり、食事を与えるのは、犬を飼っているならちゃんと行わなければいけません。

ちゃんと散歩して運動させているのかどうか?

いつも食事をしっかり食べているかどうか?

犬の健康を守ると言う意味でも飼い主は責任があるので、しっかり見極めてくださいね。

褒めておやつを与える場合のメリットとデメリット

褒めておやつを与える場合のメリットとデメリット

犬のしつけでは、おやつを与える事が多いですよね。

飼い主の命令に従った時に褒めながらおやつを与える。

このようなしつけを行っている人も大勢いると思います。

では、褒めておやつを与える場合、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

おやつを与えるメリット

たとえば、犬が吠えている時に「静かに」と声をかける。

おとなしくなったら、おやつを与えながら「よし」と頭をなでる。

他にも、お座りとか伏せなどの命令に従った場合におやつを与える。

このしつけ方法は、簡単に従ってくれるのが最大のメリットになります。

おやつを与えるデメリット

では、おやつを与えるデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

これは、単純に考えてもわかりますよね。

おやつを与えすぎれば、犬だって肥満になってしまいます。

それに、病気にかかりやすくなる心配も出てきますよね。

また、食事の時に食べないなど・・・。

これらデメリットがあるんですね。

つまり、おやつのやり過ぎには気をつけなければいけません。

おやつを与えてしつける場合は、これらリスクがあると言う事を覚えておいてくださいね。

犬のしつけってどうすればいいの?

犬のしつけってどうすればいいの?

結局のところ、犬の無駄吠えを止めさせるにはどうすればいいのか?

何を試しても言う事を聞かない愛犬もいると思います。

普通は、いけないことをしたら「ダメ」「こら」とかいいますよね。

もちろん・・・

しつけにおいて叱る行為は、重要!!

でも、必要以上に叱るのはNG!!

また、おやつを与えるベストなタイミングなど・・・。

間違ったしつけを続ければ、犬は飼い主に従いません。

ネットや本のしつけは一時的?

おそらくあなたも、これまで必死で犬の飼い方を勉強したかと思います。

でも、無駄吠えや噛むなどの悪い癖がなおらない・・・。

このような事で悩んでいるとお察しします。

ネットや本などの情報を参考にして、しつけを実践してみた。

だけど思ったほど効果がない。

あるいは、一時的な効果しかなかった。

このように悩む方ってあなただけではないんです。

実は、意外と大勢の人が同じようなことで悩んでいるんですね。

あるしつけを試したところ・・・

問題行動を起こす犬にあることを試したところ・・・

いとも簡単に良い子になった!

実は・・・

簡単な方法で、悪い子から良い子に変わることができるんですね!

しかも、短時間で!!

無駄吠えはもちろんこと、トイレ、散歩の引張り、拾い食い、とびつき等、多くの問題行動が解決します。

その証拠としてこの動画をご覧ください。

チャイムの音で吠えていたのにたった10分で吠えなくなった!

これって、すごいと思いませんか?

こちらは、ドッグトレーナーの「飯嶋志帆(いいじましほ)」先生による方法でペット教材・生活ジャンル部門で六冠達成している人気の動画セミナーです。

本当にある簡単なことをすると悪い子が良い子に変わってしまうんですね。

分からないことがあったら専門のサポートチームに相談することもできます。

  • メール・LINEでのサポート対応!
  • 1日30円以下で学べて、24分割もOK!
  • 動画セミナーなので送料などは一切かかりません!
  • 今すぐ見れるのもいいところ!!

動画なので本とは違い、誰でも簡単に理解できます。

そして、愛犬も良い子に育ってくれます。

もし、あなたが・・・

  • 無駄吠えなど問題行動を止めさせたい!
  • 良い子に育てたい!
  • 犬と幸せに暮らしたい!


このように考えているならこの方法を試してください。

短時間で無駄吠えをやめるようになりますから本当に不思議!!

⇒愛犬を良い子に育てたい人はコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする