なぜ散歩中に他の犬に吠える?

散歩中に他の犬に吠える

犬の散歩中に他の犬に吠える事ってありませんか?

家にいる時は、可愛いワンちゃん。

なぜか散歩をしていて、よその犬に出会うとワンワン吠える。

何を指示しても、飼い主の事を全然聞いてくれない・・・。

このような事でお悩みの方もいらしゃると思います。

ですが、飼い主さんのしつけ方次第でこの問題は解決します。

ここでは、散歩中に吠える原因から対策まで詳しくお伝えしています。

同じような事で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

散歩中に他の犬に吠える原因とは?

散歩中に他の犬に吠える原因

そもそも、なんで散歩中に他の犬に吠えるのでしょうか?

よその犬に吠えたら、なんかうちのワンちゃんが行儀が悪く感じてしまいますよね。

先ず、対策の前に原因は一体何があるのか考えてみましょう。

主な原因としては・・・

・遊びたくて興奮して吠える
・恐怖・以前のトラウマから吠える
・欲求から吠える
・ストレスから吠える

これらが挙げられるんですね。

遊びたくて興奮して吠える

もし、ワンちゃんがしっぽを振っているようなら、遊びたくてはしゃいでることが考えられます。相手のワンちゃんも同じように吠えてしまえば、さらに興奮してワンワンと吠えてしまうんですね。

恐怖・以前のトラウマから吠える

恐怖や以前のトラウマから吠えてしまう事もあります。例えば、散歩中によそのワンちゃんに吠えられたのが怖かった場合や散歩中に吠えたら飼い主が叩いてきた場合など。このような記憶はなかなか忘れないので、これが原因になることもあります。

欲求から吠える

よそのワンちゃんともっと遊びたい、もっと一緒にいたいと欲求から吠えることもあります。愛犬の気持ちもわからなくはありませんが、よその飼い主さんにも迷惑をかけるので、吠えを止めさせなければいけません。

ストレスから吠える

散歩時間が短かく、運動時間も少ない場合、あるいは、コミュニケーションが不足が続くと犬はストレスをかかえるようになり、吠えるようになります。これは散歩中だけに限った話ではありません。

・・・・

散歩中に犬が吠えるにはこれらのことが原因として考えられます。

良い子に育てるため、また、散歩をスムーズにさせるためにも対策を考えていきましょう。

散歩中に吠えさせない対策やポイント!

散歩中に吠えさせない対策やポイント

愛犬が散歩中によその犬に吠えたらどうすればいいのか?

いくつか対策があるので、以下のことを試してください。

具体的には・・・

・他の犬がいたら吠える前に回避させる
・スワレを徹底して興奮を静める
・おやつのニオイで誘導させる
・散歩のコースや時間を変える

これらのことが効果的な方法になります。

他の犬がいたら吠える前に回避させる

犬同士、目が合うと吠える傾向にあるので、吠える前に回避させるようにします。やり方ですが、相手の犬と目が合わないような位置で歩くのがコツになります。あるいは、一旦、よそのワンちゃんから離れるのも良いでしょう。

スワレを徹底して興奮を静める

犬が吠えてしまった場合には、「スワレ」を命令して興奮を静めさせるのも良い方法です。ただ、問題は家の中ではスワレができても外ではできない場合もあるので、散歩の途中には、必ず、「マテ」「スワレ」などを指示するのもいいと思います。

おやつのニオイで誘導させる

よそのワンちゃんに目がいきそうになったら、おやつを目の前に出して、ニオイで誘導させるのも効果的な方法です。吠えなかったらおやつを与えて褒めるようにするといいでしょう。

散歩のコースや時間を変える

確実な対策としては、散歩のコースや時間を変えてみるのがいいです。よその犬と出会わなければ吠えずに済みますからね。

・・・・

これらの事を実践することで各段に吠えなくなりますので、チャレンジしましょう!

やってはいけない行動とは?

やってはいけない行動

犬の散歩中によそのワンちゃんに吠える。

こんな光景はよくあると思いますが、改善させたいのであれば、以下の行動はとってはいけません。

例えば・・・

・何度も名前を読んだり叱る
・無理矢理リードを引っ張る
・そのまま放置する

これらです。

何度も名前を読んだり叱る

よそのワンちゃんに吠えている時に名前を読んで叱ってしまうと、愛犬が興奮して、さらに吠えてしまい逆効果なので注意してください。

無理矢理リードを引っ張る

無理矢理リードを引っ張る行為もいけません。これに関しても犬が興奮して吠えてしまいます。

そのまま放置する

飼い主さんによっては、何もしないで、そのまま放置する人もいるようです。これをやってしまうと犬のやりたい放題となり、相手の飼い主さんにも迷惑をかけてしまいます。

・・・・

これらの事をついやってしまいがちですよね。

しかし、これでは何も改善させることはありません。

飼い主のしつけ方次第で良い子に育ちますし、吠えたとしても興奮を抑えることもできます。

よその犬に迷惑をかけないためにも、今一度、愛犬のしつけについて考えてみてください。

記事下フリースペース

犬が吠えなくなる秘密の方法!問題行動が解決する!

まだ、応急処置のしつけを続けますか?
正しいしつけで良い子に育ちます。
しかも、一瞬で吠えなくなるなんて!

20.000頭のワンコに囲まれて誕生したしつけ術!

無駄吠え・噛みつき・トイレ・飛びつきなど・・・

ワンちゃんの問題行動って本当に困りますよね。

ちゃんとしつけているつもりなんだけど・・・

全然、言う事を聞いてくれないなんて・・・

このように悩む飼い主さんは多くいらっしゃいます。

そして、よくありがちなのが・・・

問題行動を起こした時に

コラ」とか「ダメ」と大声で叱る。

確かに一時的には効果がある方法です。

しかし、これは応急処置にすぎません。

何度も同じことを繰り返してしまえば、”負のスパイラル”となります。

飼い主さんも諦めてしまう場合が多いんですね。

犬をしつけで大事なことは・・・

問題行動を起こす原因を突き止めること!

ここが重要なポイントとなります。

その具体的な方法を動画で詳しく解説しています。

次のページでは、

実際に悪い子から良い子に変わった証拠が

動画で紹介されています。

一体、何をやれば問題行動がなくなるのか?

犬の吠えに困っている飼い主さんは、必ず役に立つ情報です。

⇒20.000頭のワンコに囲まれて誕生したしつけ術のページに移動する!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする