犬が寝言で吠える理由とは?

犬が寝言で吠える理由

犬が寝言で吠えるけど大丈夫なのか?

何か変な病気になってはいないかどうか?

なんだか心配になりますよね。

でも、ご安心ください。

犬の寝言で吠えることは普通にあることです。

しかし、なんで寝ている時に吠えたりするのか気になるところでしょう。

そこで、今回は・・・

犬が寝言で吠える理由

についてお伝えしています。

同じような悩むを持つ人は、ぜひ参考にしてみてください。

犬は熟睡できていない?

実は、犬はあまり熟睡できていないってご存知でしたか?

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があります。

これは・・・

・レム睡眠=眠りの浅い状態。

・ノンレム睡眠=ぐっすり寝ている状態

このように思っていただければ構いません。

実は、人間と同じで犬もレム睡眠とノンレム睡眠があります。

そして、成犬の場合ですが・・・

・睡眠時間は、12~15時間程度

・ノンレム睡眠は、2割程度

このように言われています。

なので、仮に12時間睡眠だとしたら・・・

ぐっすり寝ているノンレム睡眠は、たった2.4時間しかないということ!

つまり、あまり熟睡できていないことになるわけですね。

その理由としては、

野生の習性が残っていて、敵が来てもすぐに動けるようにするため

とされています。

また、眠りの浅いレム睡眠の時には、脳が休まっていません。

なので、夢を見ている可能性があるということです。

当然、夢を見れば寝言を言うし、現実と勘違いして吠えることもあります。

これこそが、犬が寝言で吠える理由になります。。

犬が寝言で吠える場合の対策について!

では、寝言で吠えている時はどうすればいいのでしょうか?

まずは、ゆっくりと寝かせてあげるようにしてあげてください。

対策としては・・・

犬が寝ている時に無理に起こさないこと

ストレスが溜まっていなか確認すること

これが大事です。

犬が寝ている時に無理に起こさないこと

犬が寝ている時に起こして、遊ぶ飼い主さんもいるかもしれません。

ですが、ワンちゃんは熟睡できる時間は短いんですね。

なので、寝ている時は触らないでそっとしておきましょう。

ストレスが溜まっていなか確認すること

犬も人間と同じでストレスは溜まります。

例えば、運動不足だったり、長時間ケージに閉じ込めておくなど。

他にも、犬が嫌がることはしないこと。

寝ながら吠えるなら、悪い生活習慣になっていないか確認してください。

・・・・

このような感じで対策を行えば、寝言や吠えはすぐに改善するかもしれません。

また、どうしても心配な人は、病院で診てもらいましょう。

記事下フリースペース

犬が吠えなくなる秘密の方法!問題行動が解決する!

まだ、応急処置のしつけを続けますか?
正しいしつけで良い子に育ちます。
しかも、一瞬で吠えなくなるなんて!

20.000頭のワンコに囲まれて誕生したしつけ術!

無駄吠え・噛みつき・トイレ・飛びつきなど・・・

ワンちゃんの問題行動って本当に困りますよね。

ちゃんとしつけているつもりなんだけど・・・

全然、言う事を聞いてくれないなんて・・・

このように悩む飼い主さんは多くいらっしゃいます。

そして、よくありがちなのが・・・

問題行動を起こした時に

コラ」とか「ダメ」と大声で叱る。

確かに一時的には効果がある方法です。

しかし、これは応急処置にすぎません。

何度も同じことを繰り返してしまえば、”負のスパイラル”となります。

飼い主さんも諦めてしまう場合が多いんですね。

犬をしつけで大事なことは・・・

問題行動を起こす原因を突き止めること!

ここが重要なポイントとなります。

その具体的な方法を動画で詳しく解説しています。

次のページでは、

実際に悪い子から良い子に変わった証拠が

動画で紹介されています。

一体、何をやれば問題行動がなくなるのか?

犬の吠えに困っている飼い主さんは、必ず役に立つ情報です。

⇒20.000頭のワンコに囲まれて誕生したしつけ術のページに移動する!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする